Doorkeeper

るりま読書会 Enumerable編

2012-08-11(土)14:00 - 18:00

オラクル青山センター

東京都港区北青山2-5-8

do_aki Takeshi Yabe Kazuhito Hokamura 加山 敬一 tode<s>king Naruhiko Ogasawara 真砂 Jun Fukaya Kunio Okita ✅ makoto takagi erukiti Tadashi Sawada + 4人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

「るりま読書会」とは

Rubyのリファレンスマニュアル、通称「るりま」。みなさんは読んでますか?

「Rubyはもう自由に読み書きできるよ!」と思っていても、読んでみると結構知らないメソッドがあったり、意外なエイリアスがあったりするものです。

このイベントはそんな奥深い読み物である「るりま」をちょっと改まって読み直し、Ruby力をさらにアップさせよう!という会です。

第1回のテーマは「Enumerable」。コレクションの操作をラクにしてくれる便利なメソッドがたくさんあるので、使い方を再確認してみましょう。もちろん実装クラスであるHashやArrayについても取り扱います。

プログラムには実際にコードを書くハンズオンも予定しております。会場には電源と無線LANがありますので、できるだけノートPC(もちろんRubyの実行環境があるもの)をご持参ください!

タイムテーブル

  • 13:30 開場
  • 14:00 基調講演「Eachを使ったら負け」(@lchin)
  • 14:30 「ぼくのわたしのEnumerable」(参加者による講演 / 発表順は当日決定)


  • 16:00 「青山Enumerable道場」

  • 17:45 クロージング

  • 18:00 懇親会 (参加自由 / 参加費2,000JPY)

プログラム



  • 「ぼくのわたしのEnumerable」

    • 5〜20分で、Enumerableについての発表を行います。発表者募集中!



  • 「青山Enumerable道場」

    • Enumerableを使った「ひどいコード」をお題として用意します。その場で書き直し、その場でコードレビューとディスカッションをしましょう。



  • 「Enumerable懇親会」

    • ルビーについて語りながらビール(など)を飲みましょう。



発表者募集について


「ぼくのわたしのEnumerable」のコーナーでは発表者を募集しています。「こんな便利なメソッドがあった!」「こういう使い方があるよ!」など、Enumerable / Hash / Arrayなどについて発表してみませんか?時間は5分〜20分程度を予定しています。


発表していただける方は、参加申し込み時のアンケートでお知らせください。参加申し込み後の立候補も歓迎します。


会場について


日本オラクル様のご好意により、オラクル青山センター13Fのセミナールーム(電源 / 無線LANあり)を会場としてご提供いただいております。事前に利用ガイドをお読みください。


なお、セキュリティの都合で途中入場には時間がかかります。休憩時間までお待ちいただくケースもありますのでご了承ください。


主催


kwappa (SHIOYA, Hiromu)



  • @kwappa

  • 連絡先はお申し込み完了後お知らせいたします

コミュニティについて